トップページ / 知って得する!髪の情報 / vol.3 頭皮の基礎知識 ― 「表皮」

美容師の皆様へ(サロンサポート)

知って得する!髪と頭皮の情報

vol.3 頭皮の基礎知識 ― 「表皮」

表皮は表面から角質層・顆粒(かりゅう)層・有棘(ゆうきょく)層・基底層の4つの部分に区別されます。


角片(目に見えないフケ・アカ)となってはがれます。 表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層に区分されターンオーバーは28日周期

基底層にある基底細胞の細胞分裂が進むことにより、有棘層→顆粒層→角質層へと押し出されていきます。
このサイクルをターンオーバーといい正常なサイクルは4週間、28日周期です。
頭皮の場合、ターンオーバーが正常であれば角質層は目に見えないフケとしてはがれ落ちますが、ターンオーバーが乱れていると、目に見えるフケとしてはがれ落ちます。

正常な肌と乱れた肌のイメージ

表皮は皮膚のバリア機能を果たしており、皮脂膜が大きく関与しています。正常な肌では表皮がしっかりと機能しているため、外的刺激(紫外線、強い薬剤、細菌など)から皮膚内部(真皮など)を守ります。
表皮のターンオーバーが乱れた肌は、バリア機能が発揮されず、外的刺激が皮膚内部へと及んでしまいます。
この刺激が毛髪の成長に影響を与えます。

[ターンオーバーの乱れる要因]

正常な肌のイメージ

角質層の表面は皮脂膜という人間が生まれつき持っている天然の保護膜で覆われています。
この皮脂膜は皮脂と汗が混ざり合ったもので、さまざまな外的刺激(紫外線、強い薬剤、細菌など)からの保護や皮膚の保湿などの働きをしています。

過酸化脂質と肌のイメージ

皮脂膜は空気(酸素)や紫外線と触れ合っているため、酸化されて「過酸化脂質」へと変化してしまいます。
これは、鉄がサビるのと同じです。この過酸化脂質は肌にとって有害で、正常な皮脂膜や細胞を攻撃し、皮膚内部への酸化を広げていき、皮膚にかゆみや炎症を引き起こします。
また、この酸化が皮膚内部に広がっていくと、毛髪の成長に影響を与えます。

皮膚の豆知識
●一番多く皮脂が分泌される場所
顔のTゾーンに皮脂の分泌量が多いということは有名ですが、一番多いのは頭(頭皮)です。手のひらや足のうらには皮脂分泌されません。
また、分泌量は年齢・性別によっても変化し、女性は20代で男性は30代でピークを迎え、その後は年齢とともに減少していきます。
●1日にかく汗の量
気温などにも影響されますが、1日に約700〜900mLもの汗をかくといわれています。

髪の基礎知識

頭皮の基礎知識

ケミカル講座

デミ コスメティクス ページの先頭へ