トップページ / 知って得する!髪の情報 / ケミカル講座 vol.12「アルカリヘアカラーの染毛メカニズム」

知って得する!髪と頭皮の情報

ケミカル講座 vol.12「アルカリヘアカラーの染毛メカニズム」

アルカリヘアカラーは、1剤に含まれる酸化染料・アルカリ剤・界面活性剤と、2剤に含まれる過酸化水素で、浸透・発色・ブリーチの3種類の作用が起こります。

1剤(酸化染料・アルカリ剤・界面活性剤) 2剤(過酸化水素)による染毛メカニズム

1剤(酸化染料・界面活性剤) 2剤(過酸化水素)による染毛メカニズム

ポイント

アルカリヘアカラーには3つのプロセス、弱酸性カラーは2つのプロセスがあります。

1剤のレベル(明度)による、アルカリ剤と酸化染料(色素)の配合バランスの違い

8レベルと12レベルのアルカリ剤と酸化染料の配合バランスの図

薬剤のレベル(明度)が高くなるほど、薬剤に含まれるアルカリ剤の割合が高くなり、酸化染料の割合が低くなります。

髪の基礎知識

頭皮の基礎知識

ケミカル講座

デミ毛髪研究所の取り組み 育毛・抗白髪・パーマなどの最新研究・開発情報をご紹介しています。「毛髪研究 最前線」へ。

デミ コスメティクス ページの先頭へ