トップページ / お客様相談室Q&A / ブルーグリーン色に仕上がった原因と修正方法を教えてください。

デミ お客様相談室Q&A

お客様相談室 Q&A

ブルーグリーン色に仕上がった原因と修正方法を教えてください。

パーマとカラーを繰り返している14レベルのハイダメージ毛のお客様。
鮮やかなイエローグリーン色に仕上げてほしいとご希望されたので、アソート アリア C C-8/YG(OX-3.0AC)をオンカラーし、15分自然放置しました。
 

しかし、カラーチェックしたところ、イエローグリーン色ではなく、ブルーグリーン色になっており、思いのほか、沈んだ色に仕上がってしまいました。
 

なぜ、ブルーグリーン色に仕上がってしまったのでしょうか。
また、イエローグリーン色に修正する方法も教えてください。
 


 

ハイダメージ・ハイレベル毛は、青の色素が濃く入り、対して黄色の色素は入りにくい傾向にあります。

そのため、BGやYGといったグリーン系アイテムで染めると、ダメージ度合いによっては青味の強い色に仕上がります。 さらにパーマ履歴もあったため、色がより深く染着し沈んだと推測されます。
 

今回のケースでは、C-8/YG単品の使用は避け、予め、C-8/GDや8/Yellow等のイエロー系アイテムをC-8/YGにミックスし、黄味を強めた薬剤を使用してください。 黄味を強くすることで、ハイダメージ毛に染めてもイエローグリーン系の色に仕上がります。
 

なお、ブルーグリーン色に染まっている髪をイエローグリーン色に修正するには、黄味を加える必要があります。修正する際のプロセスは以下のとおりとなります。
 

【修正プロセス】

  1. 現在の既染部と同程度レベルのアソート アリア C ビビッドカラー8/Yellow・10/Yellow、またはC-/8GD・C-10/GDを選択します。
  2. 選択した1剤に対して2剤OX-2.4を同量で調合します。
    (1剤:2剤=1:1)
  3. 襟足等の目立たない部分で予備染毛します。
    ネープ等の比較的目立たない部分の毛束(1スライス)を取り、アルミホイルで包み15分放置します。
  4. 放置後、カラーチェックし、希望の色にシフトしていることを確認します。
  5. 確認できたら残りの薬剤を全体にオンカラーし、再度15分放置します。
  6. 放置後、カラーチェックし、希望の色にシフトしていることを確認します。カラーチェックし、全体が希望色にシフトしていたらシャンプーして仕上げます。
アソート アリア C

「アソート アリア C」でクリエーションの楽しさをあなたに。

お客様相談室Q&A

卵殻膜(EMP)のはなし

美容室へ行こう!プロのこだわり

デミ毛髪研究所の取り組み 育毛・抗白髪・パーマなどの最新研究・開発情報をご紹介しています。「毛髪研究 最前線」へ。

よくわかる化粧品の成分辞典

フォーム・スプレー(エアゾール製品) ご使用上の注意

デミ コスメティクス ページの先頭へ