トップページ / 商品情報 / ASSORT ALLIA(アソートアリア) C

ヘアカラーASSORT ALLIA(アソートアリア) C

すべての髪にHappyを描こう!

「アソート アリア C」でクリエーションの楽しさをあなたに。

「アソート アリア C」が追求したのは”Happy”。カラーをより楽しく、より心地良く、より幅広く。Happyなカラーで、Happyをクリエーションすることで、お客様のHappyはずっと続いてゆくでしょう。

特徴

デミが新開発。高浸透オキシスタビライザー処方でHappyに!

植物由来のオキシスタビライザー成分※2と、デミが新開発したオリジナル浸透成分※3をバランスよく組み合わせた”高浸透オキシスタビライザー処方”で、アルカリ量、刺激臭を低減しました。

  • ※1 当社従来品比
  • ※2 グルコン酸(金属封鎖剤)
  • ※3 ポリオキシエチレンセチルエーテル、ポリオキシエチレンオレイルエーテル、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル(乳化剤)
美しいツヤでHappyに!

天然果実であるアカネ科クチナシの実から抽出された「クチナシエキス(毛髪保護成分)」のベール効果により、ツヤ感がアップします。

5ライン11の色相全153アイテムのバリエーションでHappyに!
2剤を使い分けて、さらにHappyに!

アソート アリア C と色の連携(アライアンス)をしながら、お客様に”生涯カラー提案”ができる弱酸性ヘアカラー
※2剤は「アソート アリア C OX-5.0AC」をご利用ください。他の2剤を使用すると、希望通りの発色が得られない可能性があります。

アソートアリア エトレの商品情報はこちら

商品一覧

酸化染毛剤

アソート アリア C 1剤 全185アイテム

  • クリアライン

    クリアライン

    高彩度ライン。鮮やかで透明感のあるクリアな色味。

    1剤/80g/高彩度・11色相・75アイテム[医薬部外品]

  • ナチュラルライン

    ナチュラルライン

    基本となる、4つのナチュラルブラウン。自然なブラウンカラーを表現。

    1剤/80g/4色相・26アイテム[医薬部外品]

  • ディープライン

    ディープライン

    中彩度ライン。グレイヘアをカバーしながら、深みのある色を表現。

    1剤/80g/中彩度・9色相・45アイテム[医薬部外品]

  • ディープナチュラルライン

    ディープナチュラルライン

    色の深みを追及し、今までにない高いグレイカバー力を実現。

    1剤/80g/3色相・20アイテム[医薬部外品]

  • コントロールライン

    コントロールライン

    ニュアンス、色の強さをプラスして色の表現をコントロール。

    1剤/80g/35アイテム[医薬部外品]

染毛補助剤 過酸化水素

アソート アリア・2剤 全5アイテム

  • 新生部用 OX-6.0、OX-5.0AC

    新生部用 OX-6.0、OX-5.0AC

    ■OX-6.0
    髪を明るくしながらカラーリングができます。
    ■OX-5.0AC
    刺激に配慮したカラーリングができます。

    2剤 過酸化水素/1,000g[医薬部外品]

  • 既染部用 OX-3.0AC、OX-2.4、OX-2.4AC

    既染部用 OX-3.0AC、OX-2.4、OX-2.4AC

    ■OX-3.0AC
    ダメージ毛や熱処理毛に対して、ダメージを抑えながら、鮮やかなカラーリングができます。
    ■OX-2.4
    既染部に残った色味や前回のカラーの色味を削りながらカラーリングができます。
    ■OX-2.4AC
    髪へのダメージを抑えた、深みのあるカラーリングができます。

    2剤 過酸化水素/1,000g[医薬部外品]

アソート アリア C ベーシックシステム

  • カウンセリング&薬剤選定
  • ブロッキング&プロテクト
  • 薬剤調合
    1剤の種類1剤:2剤
    10レベル以下1:1
    12レベル1:2
    14レベル1:3
  • 薬剤塗布
  • 自然放置
    新生部約30分間
    既染部約20分間
  • カラーチェック
  • アフターシャンプー
  • 仕上げ

染毛前・染毛後の髪の状態を整えるために、「コンポジオ」「コンポジオプロ」のご使用をおすすめします。

カラーチャート

アソート アリア C ティントイメージ

色立体

色環図

関連リンク

ヘアカラー(医薬部外品)は使用上の説明書をよく読んで正しくお使いください。今までにかぶれたことのある方は、絶対に使用しないでください。ヘアカラーをご使用の際には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

パッチテストの手順

デミ コスメティクス ページの先頭へ