トップページ / サロンサポート / 知って得する!髪と頭皮の情報:髪の基礎知識 / vol.8「マクロフィブリルの間をうめる間充物質」

知って得する!髪と頭皮の情報vol.8「マクロフィブリルの間をうめる間充物質」

コルテックス細胞をうめている「間充物質」は、実はヘアカラーやパーマにとても関係が深い部分です。その詳細を解説します。

マクロフィブリルの間をうめる間充物質

ポイント

  • 間充物質には、間充物質@(マトリックスタンパク)と間充物質A(非ケラチンタンパク)の2種類があります。
  • 間充物質はマクロフィプリルの間をつなぐもので、コルテックス細胞の約55〜60%を占めます。
  • 間充物質はフィプリルに比べて軟らかいのが特徴で、化学反応を受けやすく、パーマやヘアカラーなどの薬剤が作用する場所です。
  • 間充物質が髪に弾力やしなやかさを与えています。
  • 間充物質がなくなるとツヤやうるおいがなくなります。また、パーマがかかりにくかったり、ヘアカラーの色が落ちやすくなったりします。

デミ コスメティクス ページの先頭へ