頭皮の基礎知識 vol.4真皮

真皮は皮膚全体の約95%を占める皮膚の本体で、表皮の約15〜40倍の厚さがあります。真皮はヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどで構成されており、肌のハリや弾力を生み出しています。これらの成分が減少すると肌のハリが失われてしまいます。

健康な真皮とトラブルのある真皮のイメージ
線維芽細胞
線維芽(せんいが)細胞はうるおいのもととなるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生み出す細胞です。その働きは年齢とともに低下していきます。
コラーゲン
コラーゲンは真皮内に網目状に張り巡らされています。真皮以外にも内臓や血管、関節にも含まれており、肌に弾力とうるおいを与えています。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は網目状にあるコラーゲンの間を埋めるように存在しています。水分を保つ役割があり、肌にうるおいを与えています。
エラスチン
エラスチンは網目状に構成されたコラーゲンをつなぎ止めるようにして支えている弾力線維です。肌に弾力を与えています。
肌のハリ・弾力のもととなるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン
デミ コスメティクス ページの先頭へ