トップページ / お客様相談室Q&A / 熱変性している部分を見極める方法はないでしょうか?

デミ お客様相談室Q&A

お客様相談室 Q&A

熱変性している部分を見極める方法はないでしょうか?

普段、コテアイロンで髪を巻いている
お客様にパーマをかけたところ、かかる部分とかからない部分が生じて、ムラになってしまいました。
 

コテアイロンを使用している髪は、部分的に熱変性を起こしていると聞いたことがありますが、パーマがかからないことはありますか?
予め、熱変性している部分を見極めてからパーマ施術に入りたいのですが、適切な方法はないでしょうか?
 

コテアイロンの熱による髪の熱変性度合いは、ストレートパーマによる熱変性に比べて低いため、 頻繁にコテアイロンを使用していない限り、熱変性によってパーマが「かからない」ということはありません。

むしろ、髪の乾燥やキューティクルの損傷によるダメージによって「かかり過ぎ」や「チリつき」が生じます。
 

そのため、今回のように、かかりにムラが生じ、均一なウェーブが作れなかった場合、ストレートパーマ履歴の有無を確認する必要があります。
熱変性を確認するには、目安として、濡れている時の髪の硬さを実際に触わってみることでチェックすることができます。
髪を濡らした際にきしみ感を伴った硬さがある場合は、熱変性の度合いが高く、中間〜毛先に、過去のストレートパーマ履歴があると思われます。
 

また、予めコテアイロンで巻いている部分の髪を1スライス取り、予備的にパーマをかけてみると、そのかかり具合でタンパク変性の大小をある程度予測でき、パーマによる施術トラブルは少なくなります。
 

お客様相談室Q&A

卵殻膜(EMP)のはなし

美容室へ行こう!プロのこだわり

デミ毛髪研究所の取り組み 育毛・抗白髪・パーマなどの最新研究・開発情報をご紹介しています。「毛髪研究 最前線」へ。

よくわかる化粧品の成分辞典

フォーム・スプレー(エアゾール製品) ご使用上の注意

デミ コスメティクス ページの先頭へ